忍者ブログ

dTVに登録してみた

dTVに登録して無料お試しをしてみました。インターネットで定額で動画を見放題の配信サービスであるdTVの使用感をお伝えします。

dTVにデメリットはないのか?

dTVは会員数ナンバーワンの動画配信サービスですが、登録することによるデメリットはないのか調べてみました。

実際に使ってみたところ大きなデメリットはありませんでしたが、細かい点で不便なところはいくつかあります。

・ 同時再生ができない
dTVはマルチデバイスたいおうしていてスマホ・タブレット・PC・テレビといろいろなデバイスで好きな時に好きなところで視聴できるという特長があります。けれども例えばPCで動画再生をしているとスマホやタブレットなど他のデバイスでは一切再生をすることはできません。
・ スマホでバックグラウンド再生ができない
スマホでdTVを再生しているときに他のアプリを起動すると再生はストップしてしまいます。
動画を見ながら検索をしたいようなときにとても不便を感じます。
・ 登録できるデバイスは5台まで
PCやスマホを複数台使っているという人にとってはdTVを見れるデバイスが限られてしまってちょっと不便を感じるかもしれません。ただ通常の使用環境であれば5台登録できればまず問題ないでしょう。
・ 検索画面が少し使いづらい
検索結果が残らないので何度も検索し直さなければいけないのが面倒です。
・人気作品はレンタルで課金される
人気の高い動画や最新作は見放題ではなくレンタルになるので別料金が課金されます。最新作は仕方ないにしても旧作でレンタルになってしまうものはレンタルショップで借りる方が安くなるかもしれません。ただ借りたり返したりする手間がかかってしまいますが。

このようにヘビーユーザーにとってはちょっと不便だなと感じるん部分もありますが、普通に気軽に使う分には概ね快適な使用感です。

何といってもこれだけボリュームのあるサービスを月額ワンコインの500円で使えるというのはかなりお得感があるんじゃないでしょうか。

→dTVの詳細・登録はこちら

PR

登録方法

dTVはdocomoユーザーの人以外でも利用できますがdアカウントを取得していることが必要です。
dアカウントの取得はdTVの公式ページから簡単にすることができます。
ヤフーIDやフェイスブックIDを利用して登録することも可能なので手軽です。
dアカウントを取得すればdTVの登録もすぐにできます。
ただしdocomoユーザー以外の場合はクレジット決済が必要なのでクレジットの登録をする必要があります。
仮に無料期間内に解約したとしても料金は発生しないので心配はありません。

→dTVの登録ページはこちら


dTVはダウンロードが可能

dTVの大きなメリットの一つが動画のダウンロードができることです。
映画やドラマなどをwi-fiのない環境でみようとするとかなり通信量がかかってしまい、定額プランであってもあっという間に通信制限がかかってしまいます。
けれども実際にはスマホやタブレットで通勤や通学中の電車やバスの中といったwi-fiのないところで視聴したいという方も多いでしょう。
そんな時にダウンロードができれば通信量を気にせずに使用できるのでとても便利です。
すべての動画がダウンロードできるわけではありませんが、他の動画配信サービスにはあまりない機能なのでdTVを使用する大きなメリットです。

→dTVの詳細はこちら



dTVの無料お試し

dTVの無料お試しをしてみた感想です。

見たい動画もたくさんあって、好きな時に好きな場所で気軽に見ることができたのでとても満足感が高いです。

特にエイベックスが関わっているだけあって音楽ライブの動画が豊富で仕事中もBGMとして流していて、一日中dTVをさいせいしているような状態でした。

ファンキーモンキーベイビーズ、スキマスイッチ、大塚愛、相川七瀬、木村カエラとかをよく見てましたが、AAAやEXILE、3代目J Soul Brothersといった10~20代に人気のアーティストはもちろん、TMネットワークやスターダストレビュー、X、ルナシーなど30~40代の人に人気の動画も豊富にそろっています。
田原俊彦、中森明菜、Winkなど歌謡曲もありましたね。

個人的には岡本真夜のコンサートがいくつか見れたのはとてもうれしかったです。


一覧がもう少し使いやすいともっとよかったなと思います。
ダラダラとタイトルが並んで探すのが面倒なので、アーティスト別などで見やすくしてもらいたいですね。


→dTVの無料お試しはこちら





dTV



















dTVの特長

dTVはdocomoが運営する動画配信サービスです。
元々はdビデオというdocomoユーザー限定のサービスでしたが現在ではキャリアに関係なく誰でも利用できるようになっています。
dTVは作品数12万作品、会員数もインターネット定額制動画配信サービスとしてナンバーワンという最大級の動画配信サービスで、自分の見たい映像が豊富にそろっています。
洋画・邦画・海外ドラマ・国内ドラマ・海外ドラマ・アニメ・キッズ・音楽・オリジナル・バラエティーなど18ジャンルをスマホ・タブレット・PC・テレビなどマルチデバイスでいつでも好きな場所で視聴することができます。
何といってもこれだけのボリュームのサービスを月額500円というワンコインで利用できるというコストパフォーマンスの良さが最大のdTVの特長です。

→dTVの詳細はこちら